AGA(男性型脱毛症)に関する基礎知識と原因について詳しく解説します。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAとは

AGA AGA(男性型脱毛症)は、近年若い世代の患者が増加しているといわれています。
薄毛とは、髪の毛が細くなったり、抜け毛の量が増大したり、髪の毛の正常な成長が妨げられることで起こります。
その結果として「髪の毛が薄くなった状態」のことを指します。男性の場合、薄毛をAGAと呼ばれています。

毛の成長のヘアサイクルで比較すると、正常な場合には2年から6年で成長し、太くコシのある毛髪へと育ちます。しかし、AGAの場合には数か月から1年で成長し、それ以上成長する前に、また太くコシのある毛になる前に抜け始めてしまいます。
かつ、そんな軟毛が沢山増えるので、地肌が見え目立つようになるのです。
その原因は、大きく分けると4つに分類されますが、複数の原因が混在している場合には、容易な改善が見込めず、症状が進行するという人は少なくありません。

AGAの原因

AGAの主な原因としてあげられるのが遺伝はもちろんのこと、男性ホルモンによる影響があります。
現代社会におけるストレスや対人関係、食生活、不規則な生活、そのどれもが現代病と呼ばれるものばかりがAGAの原因の一種となっていることが分かります。
もちろんAGAは予防することにより進行を遅らせたり、増毛させることが可能です。
ではそのAGAの4つの原因を詳しく解説していきましょう。

原因1 男性ホルモン

まず、髭や体毛の成長を促進させる男性ホルモンのテストステロン(TH)が薄毛の第一要因となります。
テストステロンは精巣で95%、副腎で5%産生される男性ホルモンのひとつで、体毛や鬚を促進させる働きを持ちますが、頭の毛髪にとってこのホルモンは逆に薄毛の要因となってしまいます。
男性ホルモン
そのメカニズムは、テストステロンに還元酵素の5aリダクターゼが作用するとジヒドロテストステロン(DHT)という更に強力な男性ホルモンに変化し、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の受容体に結合すると、毛髪の生成のための細胞分裂が減少してしまいます。
テストステロンがジヒドロテストステロンへ変える還元酵素の5aリダクターゼは前頭部から頭頂部、髭などの一定の場所に特に多く存在しているため、体毛や髭が濃い人がはげやすいというのはあながちウソでは無いのです。

原因2 遺伝

父親がはげていると、自分もはげるのではないかと思う人が多いと思いますが、遺伝的な原因は、X染色体にある男性ホルモン受容体の遺伝子に変異があると言われています。
このX染色体は母親からしか遺伝せず、また、母方の祖父からの隔世遺伝が有力とされています。
その他の遺伝要因には「男性ホルモン受容体の感度の高さ」以外に、5aリダクターゼの活性力が優位な遺伝子を引き継ぐことも挙げられています。

原因3 ストレス

慢性的なストレスを継続して受け続けると、常に血管が収縮し、血行不良に陥り、毛根に栄養が行きわたりづらくなります。
更には副腎を披露させ、ホルモンのバランスや自律神経を崩すことも血行障害に繋がります。
ストレス

原因4 生活習慣

不規則な食生活は、毛の成長に使われる栄養のビタミンやミネラルの摂取が不足し、薄毛へとつながってしまいます。
これら4つの原因から発症する脱毛症に頭を抱える人は多くいます。
しかし、現在はプロペシアミノキシジルなど、様々な発毛剤や育毛剤、サプリメントやシャンプーが存在し、その効果も認められています。
当サイトでは、そのあちこちに飛び交った情報をまとめてくわしくお伝えします。
育毛剤・発毛剤の通販