AGAには前途部型と頭頂部型の2つがあります。それぞれの原因と対策について詳しく解説します。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. AGAのタイプ

AGAのタイプ

薄毛になる部位によって、その原因や対策が異なるといわれています。
そのタイプは2パターンあり、前頭部型(M型)頭頂部型(O型)です。
ああああああ

AGAの原因

M字に髪の毛の生え際が薄くなる前頭部型(M字)の原因は、ホルモンバランスの崩れです。
一方、頭頂部がOの形に薄くなるタイプの頭頂部型(O)は、血行不良が原因の薄毛と言われています。
これらのことから、薄毛を改善するということは、生活習慣病の予防・改善にもつながるということがお分かり頂けると思います。

タイプ別のAGA対策

それではAGAの原因が分かったところで、それぞれのタイプの具体的な対策を確認しましょう。

前頭部型AGAの対策

前頭部(M)型の対策は、ホルモンバランスを整えることですが、どのようなことを行えばよいのでしょうか?
まずはホルモンバランスの崩れのメカニズムをご説明しましょう。
「副腎」という腎臓の上に存在する枝豆似の臓器が様々なホルモンを産生する臓器があり、ここでは交感神経・副交感神経という自律神経をコントロールするアドレナリンや、ノルアドレナリン、コルチゾールなどのホルモン分泌を行います。
この臓器に対し、長期的な疲労がかかることにより、正常な働きを行うことが難しくなり、結果的にホルモンバランスを崩すことに繋がります。
つまり、この副腎を元気にすることがなにより大切です。
そのためには「バランスのよい食事」による十分な栄養・ミネラルの補充や、「適度な運動」によるストレス発散、ゴールデンタイムである22時~2時に入眠し、少しでも「質の高い睡眠」をとること、「ストレス軽減」の4つの対策が健康的にホルモン分泌を維持できる方法としてあげられます。
また加齢、老化に伴い、徐々にホルモンの分泌量は変化していくので、薄毛の予防及び進行を阻止するにはどれか一つの対策ではなく、4つを意識した生活改善が求められるのです。

頭頂部型AGAの対策

次に、頭頂部(O)型の対策です。
頭頂部型の原因は血行不良ですので、血行を促進するということになりますが、そのためには適度な運動や筋トレをして筋肉のポンプを活性化させる、また毎日の入浴や陽の食事摂取に、カフェイン等の冷える食事を控えるといった温活が有効です。
血行を良くしようとして気になる部分をブラシ等で叩いたり、指で入念にもんだり、1日に頻回にシャンプーで皮脂を必要以上に洗い流したり、高圧水流のシャワーヘッドで頭皮洗浄するという方法は、逆に薄毛を促進させてしまいます。
これらは間違った方法ですので、思い当る方は今すぐやめましょう。
育毛剤・発毛剤の通販