AGA(男性型脱毛症)と遺伝について詳しく解説しています。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. AGA(男性型脱毛症)と遺伝について

AGA(男性型脱毛症)と遺伝について

遺伝 AGA(男性型脱毛症)の原因として遺伝によるものが多いかと思います。実際にAGAになりやすい方はいます。家族に薄毛の方がいる場合、その遺伝子が子供に受け継がれる事があります。 AGAのメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。 このDHTの生成がAGAの要因とされ、DHTはアンドロゲンレセプターというホルモンの受容体と結びつき、成長抑制因子TGF-βを生み出します。TGF-βは毛乳頭へ脱毛命令を出し、ヘアサイクルを乱す働きをします。
AGAの遺伝を持っている方の特徴は、5α還元酵素の働きが強い、アンドロゲンレセプターの感度が高くDHTと結びつきやすいのだそうです。
アンドロゲンレセプター 遺伝子には優性と劣勢とがありますが、優性の遺伝の方が5α還元酵素の働きが強いとされています。AGAの家系では薄毛になる確率が高い、しっかり遺伝子を伝えているということになります。
アンドロゲンレセプターは遺伝子のX染色体に含まれています。これは母方から受け継ぐものなので、母方の祖父が薄毛であればAGAの確率は高くなります。父方に5α還元酵素、母方にアンドロゲンレセプターの要素があれば、さらにAGAの確率は高くなります。若いうちから薄毛になるのは生活習慣よりも、この遺伝の作用によるものなのです。
顔や性格が似るぐらいですから、遺伝の力は強力です。
しかし遺伝でも、あきらめることはありません。AGAのメカニズムが解明された現代であれば、克服することは可能です。

AGA治療薬、育毛剤が効果的

育毛剤 遺伝子レベルで薄毛になる場合、ヘアサイクルを整える必要があります。AGA治療薬の「プロペシア」や「ザガーロ」を使用すれば、脱毛を食い止める事が出来ます。プロペシアはAGA治療の第一選択となっているほど、代表的な薬です。
AGAの症状は未発達の毛髪が生え、抜けやすいため頭皮が見えるようになるものです。これらの薬はAGAの原因とされるDHTの生成に関わる5α還元酵素を抑制する働きがあります。
脱毛を促す物質が減る事で、頭皮のヘアサイクルが正常になりしっかりした毛髪が増え、抜け毛が減ることで以前のような髪に戻ります。これはマイナスの状態がゼロに戻るようなものです。
すでにAGAが進行し毛母細胞の活動がない部分にはあまり効果はなく、発毛するものではありません。
発毛を期待する場合には「ミノキシジル」の使用が効果的です。ミノキシジルは血管拡張作用があり、頭皮の血流を改善させる働きがあります。血液から毛母細胞に栄養が届けられ、毛根の育成に繋がります。
ミノキシジルはプロペシアやザガーロと作用機序が異なるため、併用する事が出来ます。これによりさらに発毛と育毛の効果が期待できます。
ミノキシジルは液状の外用薬と服用するタブレットタイプがあります。外用薬は成分をピンポイントで作用させることが出来、副作用もあまりありません。タブレットタイプのものは、成分を消化器官で吸収し血液で作用させるため、効果は高くなります。
遺伝が原因であれば、対処法はAGA治療薬の使用がベストです。自分が薄毛の家系だという方で、まだ諦めたくないという方は試してみてはいかがでしょうか。
育毛剤・発毛剤の通販