近年急増している女性の脱毛症(女性男性型脱毛症)の原因と対策方法について詳しく解説します。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. 女性の脱毛症

女性の脱毛症

女性の脱毛症 女性の薄毛症状は男性とは異なり、びまん性脱毛症と呼ばれ、頭頂部だけでなく全体が薄くなります。
特に最近20代や30代の若い世代の女性も脱毛症に悩む人が急増しているようで、アンチエイジング外来や皮膚科クリニックなどでも女性専用の薄毛治療を行うところが増えてきています。
ここでは原因や急増するわけ、それぞれの対策をまとめてみたいと思います。

女性の脱毛症の種類と原因

対策 近年急増している女性の脱毛症の原因、それはホルモンバランスの乱れです。
男性に比べると「女性ホルモン」の分泌が多いため薄毛にはなりにくいはずですが、女性の社会進出に伴い、男性と同等の働きを求められ長時間の就業や、それに伴う睡眠不足や運動不足、結婚して共働きであれば家事や育児もこなさなければならないなど負担が多くかかることにより、身体の冷えおよび子宮の冷えが重なります。
すると、おのずと女性ホルモンが減少し、逆に男性ホルモンが増えるなどバランスが崩れることが大きく作用します。
バランスを崩すものとしては、男性と同じくストレスや運動不足以外に、女性特有のやり過ぎなダイエット、頻回なパーマなどのヘアケアなどが日常生活にひそむ脱毛症の原因です。
その他、薬剤性では経口避妊薬(低用量ピル)の継続使用、病気によるものでは貧血や感染症、膠原病や副腎疲労、甲状腺疾患から起こる代謝異常も全体の薄毛を引き起こすとされています。

ひこう性・脂漏性脱毛症

細菌が頭皮に繁殖して毛根の炎症を引き起こすことによる脱毛症です。
こちらもホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴をふさぎ、毛穴周囲と毛根が炎症を起こして髪が抜ける脱毛症です。
これは、保険適用となるので、医師への相談をお勧めします。

産後脱毛症

こちらは一過性で改善するものですが、産後少し経つと急に抜け毛が増える症状です。
こちらも急激なホルモンバランスが変化することで起こります。
およそ半年から1年ほどで軽快するのですが、高齢出産や育児等のストレスが続くと、薄毛が長引くこともあり、その際には医療機関でホルモン値の測定や治療を受けてみてもいいかもしれません。

牽引性脱毛症

髪の毛をしばったり、まとめた時の張力・緊張により起こります。こちらは牽引で頭部の血行不良、そして栄養不足が起こることが原因です。

女性の脱毛症の対策

女性の脱毛症 女性の脱毛症の場合、男性のAGAとは異なりプロペシアを服用することはできません。
小濃度のミノキシジルを利用することは可能ですが、男性以上に副作用が出やすい傾向にあります。
ここでおすすめなのが、パントガールという女性用の脱毛症治療薬です。
医療大国ドイツで開発されたこのパントガールは、びまん性脱毛症に有効とされています。
もし女性の脱毛症でお困りでしたら、一度試してみてはいかがでしょうか。
育毛剤・発毛剤の通販