ミノキシジルタブレットの効果で手ごたえのある育毛を!副作用や使用方法、通販についても解説しています。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. ミノキシジルタブレットについて
          

ミノキシジルタブレットについて

ミノキシジル
ミノキシジルタブレットとは名前の通り、本来患部に塗布して使用する、外用のミノキシジルを内服用のタブレットタイプにしたものです。通称「ミノタブ(ミノキシジルタブレットの略)」と呼ばれています。
外用タイプのミノキシジルと違い、タブレットタイプは体内に直接取り入れるため、効果が外用タイプと比較して高いというところです。
髪の毛の間から頭皮がチラチラ見える、これから進行して行きそうなAGAの症状の方に特におすすめです。 ただ、効果は抜群であるがゆえに、副作用が強く出てしまうというデメリットがあるため、取扱いには気を付けないといけない製品でもあります。
言い換えれば副作用のリスクをなるべく抑えてしまえば、AGA治療にとって効果が高く、コストもかからないまさに鬼に金棒な薬です。リスクを下げる方法についてや通販、さらに安価なジェネリック薬についてもご紹介します。

ミノキシジルの基礎知識

ミノキシジルという成分をご存じでしょうか?
日本皮膚科学会がAGAに非常に効果的であると認めている発毛成分です。
ミノキシジルは毛細血管を広げ、血圧を下げてくれる効果があり、元は高血圧患者に使用する血圧降下剤の経口薬として開発されたものです。
開発途中、副作用として被験者から「毛が増えるようになった」「腕や背中の毛が太くなった」など多毛症が多く報告され、外用薬として頭の毛髪部分に使用したところ、薄かったか毛髪に対して、発毛効果が高く表れ、発毛に有効だということが発表されました
これにより再研究が行われ、頭髪用の外用医薬品として成分を再構築し、ミノキシジルが配合された塗り薬では元祖ともいえる「ロゲイン」が誕生しました。発毛を促進してくれる成分として現在でも多くの人が利用しています。1980年にアメリカで発売されて以来、さまざまな国で育毛剤として認知され、長く使われてきた薬です。その後、カークランド、ツゲイン、ポラリスなどが発売され、続いて1999年に日本でも市販薬として「リアップ」が発売されました。
アメリカでは高濃度(15%以上)の製品や、内服薬も正式許可を受けていますが、日本では薬品の安全認識観点から大正製薬(1%、5%)のみの販売が許可されています。
いきなり高濃度のものから始めますと、体がなじんでない状態ですのでお勧めできません。
ミノキシジルを使用する際はなるべく小濃度のものから、始めていき、少しずつ慣らしていきましょう。

ミノキシジル ミノキシジルは安全性の高い医薬品ですが、決められた用量以上に使用するのは危険ですのでやめてください。
副作用の懸念も考え、使用方法は必ず守り、何か不安なことがあったら医師や専門家に相談することをお勧めします。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの発毛効果のメカニズムは、発毛因子を刺激することにあります。
リアップの治験に携わった医師の見解では、髪の毛に繋がっている毛細血管を拡張させる作用により、血流を促進し、毛母細胞の細胞分裂を活性化することが発毛のメカニズムとしています。
栄養を行き渡らせるというよりは、毛母細胞そのものに働くことが毛包全体を成長させる、成長期を長くする、休止期を短くするという効果をもたらしたわけです。
そして男性ホルモンが原因で起こる血行不良にも効果を発揮することが判明しています。

臨床試験をみると、動物実験の段階ではAGAになりやすいベニガオザルの薄毛となった前頭部に、外用薬を塗布したところ、明らかな発毛が認められています。
また、リアップ1%と2%での比較では殆どの差が見られなかったそうですが、5%ミノキシジルを含有したリアップX5では、早くて塗布を開始した4週間後より発毛効果が見られたとのことです。
とにかく、途中でやめずに根気強く続ける必要があることもこの薬の特徴です。
実際に効果が分かるようになるのは、約3か月から6か月を継続使用してからのようです。
そして、急激な、また顕著な発毛効果はなく、1年間の使用でも、完全なふさふさに見えるという見た目を実現するには至らないという方が多いというこもデータとしてあり、薄毛に悩んでいない人と同じレベルになる方は1割程度だったそうです。
ミノキシジルの効果

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果

ミノキシジルタブレットと同時に育毛剤のプロペシアを服用することで、その相乗効果により高い育毛効果が発揮されやすいことが判明しています。
ミノキシジルタブレットを使用する際はプロペシアも同時に服用することが望ましいものの、経済的な負担は大きくなる一方です。
そこでお勧めなのが、ジェネリック医薬品の利用です。
ミノキシジルにはミノキシジルタブレット、プロペシアにはフィンペシアというジェネリック医薬品がそれぞれあります。
有効成分、効果ともに同じでありながら、非常に安価なジェネリック医薬品は率先して利用するとよいでしょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用
ミノキシジルタブレットは効果が高い薬であることは説明していますが、加えて副作用もさまざまあります。薬というものは体外メリットの高いものはデメリットもそれなりにあるものが多く、副作用を感じてしまうのはそれだけ効果があるという意味でもあります。あまり副作用を怖がるだけではなく、理解しておけば対処の仕方も違うのではと思います。 ミノキシジルの稀なものでは、

・精力低下 ・不整脈 ・どうき・息切れ ・性欲減退 ・体重の増加 ・ほてり

重篤なものは

・意識朦朧 ・重い低血圧等 ・肝機能障害

などがあります。

また、以下のような人たちはミノキシジルタブレットの使用を控えた方がよいとされていいます。

・低血圧症
・ミノキシジルでアレルギー症状が出たことがある
・肝機能が弱い人
・心臓の弱い人

これらの人はミノキシジルタブレットを使用した際、副作用が強く出てしまう可能性があるため、 使用する際はかかりつけの病院などへの相談が必要とされています。
さて、ここまでみると、えっ、そんなにタブレットタイプって危険なの?使うのやめようかな・・・ なんて思う人も多いかもしれませんが、とある方法で副作用を軽減することができます
それはピルカッターを使用して、半分ずつにして服用する方法です。
先ほども書いたとおり、一錠に含まれるミノキシジルの成分が多いため、 まるまる一錠服用すると体に耐性のできてない人は副作用を強く受けてしまいます。 なので、副作用を軽減できるうえに、半分の服用で済むため、コスト削減 にもつなげることができます。育毛は継続して行うことであるゆえに、少しでもコストは減らしたいものですよね。 確かに必然的に服用量は減ってしまいますが、含有量が同量の外用よりも直接毛根に栄養が運ばれるため、育毛効果は高いともいえます。

内服薬のミノキシジルタブレットでは、一番発毛効果が実感できると口コミが出回っていますが、外用薬よりも内服薬の方が効果が高い反面、副作用も強く働くことを頭に入れて服用するようにしましょう。

使い始めてから1か月が経った辺りに、初期脱毛が表れますが、これは毛母細胞が急激に刺激を受けたために抜けるのであって、副作用ではないとされています。
発毛に向かう前兆ととらえて継続することが大切です。

効果が高いけど副作用が強いのはちょっと、という方も多いかも知れません。天然成分が配合された育毛剤やサプリメントなどの商品も数多くありますが、あくまでも補助的な役割のものが多いのが現状なので、薄毛や脱毛の改善となると薬を使ったものが効果はあります。

ミノキシジルで意識朦朧

ミノキシジルで意識朦朧
同成分は効果の高さから多くのAGA患者の方に愛用されている万能薬です。 しかし、その高い効果ゆえに副作用も深刻にあらわれることがあります。 とくに重篤な症状となると、意識朦朧になるなど意識障害を起こすことがあります。

意識朦朧になってしまう原因は同成分に配合されている血管拡張を促す成分にあります。もともと、ミノキシジルは、高血圧症の患者に使われる治療薬でした。 それゆえに、血管を拡張し血流を良好にする効果が強いため、栄養をくまなく頭皮に届けることができるため、発毛剤として活用されるようになりました。

特に体内に直接服用するタブレットタイプの製品は意識朦朧などの意識障害の報告が数多くあります。
ただ、その重篤な副作用を発症した人たちには一つの共通点がありました。
それは、どの人も用法用量をまもらなかったことです。

1日の服用量は決まっており、1日最大10mgまでとされています。ただ、先も言ったとおり、ミノキシジルはもともと血管拡張効果が高いため、初めて使う人などはミノキシジルの作用に耐えきれず、いきなり10mgを服用すると重篤な副作用を引き起こす可能性があります。なので、最初は2.5mg5mgなど少量からの服用を始めることをおすすめします。

また、効果を実感するまで予想以上に時間がかかってしまうことがあります。効果を早く実感したいと、服用量を普通よりも多く服用したり、勝手に自分で服用回数や間隔を変えたりなどをすると副作用が強く出てしまいます。
その上、水かぬるま湯での服用のところを水ではなくグレープフルーツジュースなどの柑橘系のジュースなどで服用することも副作用を強めてしまうため危険なので絶対にしないようにしましょう。

ミノキシジルもタブレットタイプも用法用量を守っていれば、このような症状はあらわれても重篤にはなることはほとんどありません。ただ、稀に自身では守っているにも関わらず、症状が強く表れてしまう人がいます。その場合、服用方法を間違えている可能性が高い、もしくは低血圧症など服用に向いていない人である可能性があるため、きちんと服用方法を見直したり、購入元に問い合わせたり、かかりつけの医療機関にきくことが大切です。

ミノキシジル自体は悪い薬ではありません。長年愛用され続けるだけの理由がある絶大な効果を持つ薬であるため、上手に付き合うことができれば、効果を実感することができます。どんなに効果が出なくてもあせらず、じっくり用法用量をまもって使用しましょう。

ミノキシジルのその他のジェネリック

海外製のロゲインが国内のリアップx5より安価ですが、そのジェネリック薬となるとさらに安い値段で購入することが出来ます。AGAの治療にはある程度の長い時間をかけないと効果の現れないものが多いので、医療費もかなり負担となってきます。ジェネリックを購入してみようとお考えの方、是非検討してみてください。塗り薬から錠剤までミノキシジル成分が配合されたジェネリック薬には以下のものがあります。

ツゲイン

ツゲイン
インドのシプラ社製、ロゲインのジェネリック薬です。リアップx5やロゲインと同じミノキシジルが配合された、直接患部に塗布するタイプの液状薬です。発毛・育毛効果が高く、男女ともに使用が出来るAGA治療薬です。

●成分 2% 60ml×1本 2,250円 ※2%のものは女性も使用できます。
●成分 5% 60ml×1本 3,150円
●成分10% 60ml×1本 3,600円

カークランド

ザガーロの効果・効能
アメリカのカークランドシグネチャー社製、ロゲインのジェネリック薬です。カークランドは大型スーパー「コストコ」のプライベートブランドです。泡状タイプのものは液だれしにくく、かぶれの原因成分も入っていない為さらに使いやすくなっています。

●成分5% 60ml液状タイプ(スポイト)×1本 3,150円
●成分5% 60ml泡状タイプ(フォーム)×1本 3,600円
※日本のコストコでは医薬品は購入できません。

ミントップ

ザガーロの効果・効能
インドのドクターレディ―社製、ロゲインのジェネリック薬です。ミノキシジル5%配合のAGA治療薬です。プロペシアなどの成分フィナステリド配合の薬と併用する事でさらに発毛・育毛効果が得られます。

●成分5%  60ml×1本 2,700円

ポラリス

ザガーロの効果・効能
シンガポールのポラリスリサーチラボラトリーズ社製、ミノキシジル配合のAGA治療薬です。ミノキシジルの配合成分がそれぞれ違い、発毛や育毛に効果のある成分が様々配合されていて、これ1本で薄毛に十分な効果があります。NR-10,11にはフィナステリドが配合されています。

●NR-02 210ml×1本 3,580円(シャンプー)
●NR-07 成分 5% 60ml×1本 4,075円
●NR-08 成分 7% 60ml×1本 4,481円
●NR-09 成分15% 60ml×1本 4,940円
●NR-10 成分16% 60ml×1本 5,180円
●NR-11 成分12% 60ml×1本 5,180円

ミノキシジル錠

ザガーロの効果・効能
インドのスマート社製、ミノキシジル配合のタブレット剤「ロニテン」のジェネリック薬です。デュタステリド(ザガーロ)やフィナステリド(プロペシア)との併用でさらに薄毛対策効果がアップします。

●成分5mg 1錠 35円

育毛剤・発毛剤の通販