AGAに効果的な発毛剤ミノキシジルの効果効能、副作用、通販で購入する方法について詳しく解説します。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. ミノキシジルの基礎知識

ミノキシジルの基礎知識

ミノキシジル ミノキシジルという成分をご存じでしょうか?
日本皮膚科学会がAGAに非常に効果的であると認めている発毛成分です。
日本では大正製薬のリアップという外用AGA治療薬があり、シリーズ化もせれ、日本では大変メジャー製品になっています。
元々ミノキシジルは、アップジョン社(アメリカ)が開発した発毛を促進してくれる成分のことをいいます。

ミノキシジルは毛細血管を広げ、血圧を下げてくれる効果があり、元は高血圧患者に使用する血圧降下剤の経口薬として開発されたものです。
開発途中、副作用として多毛症の例が多く報告され、外用薬として頭の毛髪部分に使用したところ、薄かったか毛髪に対して、発毛効果が高く表れ、発毛に有効だということが発表されました。
これにより再研究が行われ、頭髪用の外用医薬品として成分を再構築し、1980年にはじめて初のロゲインが誕生しました。
発毛を促進してくれる成分として現在でも多くの人が利用しています。

アメリカでは高濃度(15%以上)の製品や、内服薬も正式許可を受けていますが、日本では薬品の安全認識観点から大正製薬(1%、5%)のみの販売が許可されています。
いきなり高濃度のものから始めますと、体がなじんでない状態ですのでお勧めできません。
ミノキシジルを使用する際はなるべく小濃度のものから、始めていき、少しずつ慣らしていきましょう。

また、従来ミノキシジルは直接頭皮に塗布する液状の医薬品でしたが、近年では経口タイプの錠剤ミノキシジルタブレットが販売されています。
頭皮に塗布するよりも体内に直接取り込む方が、有効成分が効率よく吸収されやすいため、非常に高い効果も発揮します。

ミノキシジル ミノキシジルは安全性の高い医薬品ですが、決められた用量以上に使用するのは危険ですのでやめてください。
副作用の懸念も考え、使用方法は必ず守り、何か不安なことがあったら医師や専門家に相談することをお勧めします。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの発毛効果のメカニズムは、発毛因子を刺激することにあります。
リアップの治験に携わった医師の見解では、髪の毛に繋がっている毛細血管を拡張させる作用により、血流を促進し、毛母細胞の細胞分裂を活性化することが発毛のメカニズムとしています。
栄養を行き渡らせるというよりは、毛母細胞そのものに働くことが毛包全体を成長させる、成長期を長くする、休止期を短くするという効果をもたらしたわけです。
そして男性ホルモンが原因で起こる血行不良にも効果を発揮することが判明しています。

臨床試験をみると、動物実験の段階ではAGAになりやすいベニガオザルの薄毛となった前頭部に、外用薬を塗布したところ、明らかな発毛が認められています。
また、リアップ1%と2%での比較では殆どの差が見られなかったそうですが、5%ミノキシジルを含有したリアップX5では、早くて塗布を開始した4週間後より発毛効果が見られたとのことです。
とにかく、途中でやめずに根気強く続ける必要があることもこの薬の特徴です。
実際に効果が分かるようになるのは、約3か月から6か月を継続使用してからのようです。
そして、急激な、また著名な発毛効果はなく、1年間の使用でも、完全なふさふさに見えるという見た目を実現するには至らないという方が多いというこもデータとしてあり、薄毛に悩んでいない人と同じレベルになる方は1割程度だったそうです。
ミノキシジルの効果

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果

ミノキシジル(またはミノキシジルタブレット)と同時に育毛剤のプロペシアを服用することで、その相乗効果により高い育毛効果が発揮されやすいことが判明しています。
ミノキシジルを使用する際はプロペシアも同時に服用することが望ましいものの、経済的な負担は大きくなる一方です。
そこでお勧めなのが、ジェネリック医薬品の利用です。
ミノキシジルにはミノキシジルタブレット、プロペシアにはフィンペシアというジェネリック医薬品がそれぞれあります。
有効成分、効果ともに同じでありながら、非常に安価なジェネリック医薬品は率先して利用するとよいでしょう。

ミノキシジルの副作用

外用薬の副作用として、一般的なものでは頭皮のかゆみが有名で、他に基材成分である「プロピレングリコール」に対するアレルギー反応があります。
稀なものでは、ニキビ、多毛症や血管拡張作用に伴う頭痛、不整脈、動悸、性欲減退、胸痛、体重増加、重篤なものは意識朦朧、重い低血圧等です。
内服薬のミノキシジルタブレットでは、一番発毛効果が実感できると口コミが出回っていますが、外用薬よりも内服薬の方が効果が高い反面、副作用も強く働くことを頭に入れて服用するようにしましょう。

使い始めてから1か月が経った辺りに、初期脱毛が表れますが、これは毛母細胞が急激に刺激を受けたために抜けるのであって、副作用ではないとされています。
発毛に向かう前兆ととらえて継続することが大切です。
育毛剤・発毛剤の通販