プロペシアの効果について詳しく説明しています。副作用や通販での購入、ジェネリックについても解説しています。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. プロペシアの基礎知識

プロペシアについて

プロペシアについて テレビで活躍している有名人や芸人さんで以前は薄毛だったのに、今ではそこまで目立たなくなった方が大勢います。一番使われていた薬がこのプロペシアだそうです。プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療に多く使用され、薄毛の原因である抜け毛の進行を食い止める効果があります。今現在男性に対してのAGAの治療薬でこれ以上のものはないとまで言われ、AGA治療の第一選択とされています。
育毛シャンプーや髪に良いサプリなど薄毛に効果的なものもありますが、あくまでで予防やケアがメインになりますので、既に進行してしる状態の方はプロペシアを使用するのが得策ではないでしょうか。

そのプロペシアの効果とはどのようなものか、さらに気になる副作用について詳しく解説していきたいと思います。
AGAが気になり始め、今後がちょっと心配になってきたという方、早期に対処すれば薄毛の改善もしやすくなります。そこでネックとなってくるのが治療費です。AGA専門 や皮膚科などの病院に通院する場合、保険が適応されません。さらに治療にはある程度の期間がかかると言われます。そこでおススメなのが海外の通販です。海外で売られているプロペシアの方が、国内で処方されたものより安価で購入出来るのでご検討してみてはどうでしょうか。海外にはさらに安価なジェネリック薬(プロペシアの薬価の1/4)もありますので、負担をかけずにお得に治療をお考えの方におススメです。

プロペシアの効果

プロペシア プロペシアの有効成分はフィナステリドと呼ばれるものです。 この成分は元々「プロスカ―」という前立腺肥大の薬として開発されていたものです。その副効果で多毛症がある事から、さらに開発が進められ、育毛に特化した薬「プロペシア」が誕生しました。この成分フィナステリドの誕生には「ノコギリヤシ」という天然成分が関係しています。

ノコギリヤシは古くからネイティブアメリカンが滋養強壮の為に、その実を食用としたり、油を取って使っていました。その後、ヨーロッパからの移住者がその効果に注目するようになり、ヨーロッパに伝わるようなります。その後ノコギリヤシの研究が進められ、前立腺肥大に効果があると分かり医薬品として使用されるようになります。さらに効果として見受けられたのが、育毛効果です。ネイティブアメリカンの髪はとても艶があり、豊かな人が多くその理由にノコギリヤシを使っていたという事が分かってきました。
その成分をさらに研究し、化学合成により作り出した成分がフィナステリドです。

フィナステリドを5mg配合したのがプロスカ―です。前立腺肥大を抑えるためには強い効果が必要とされるためです。対してプロペシアはフィナステリド1mg配合しています。ここで注意しなければいけないのが、5mgの方が多いからプロスカ―を飲めばもっと育毛の効果があるのでは? という疑問です。

答えは「NO」です。これは前立腺肥大による症状を治すための用量であり、決してAGAに対して効果的とは言えません。服用すればプロペシアとさほど変わらない効果で、副作用が強く出過ぎてしまう事になるようです。節約の為とプロスカ―を分割して服用するという強者もいるようですが、プロスカ―の分割はあまり得策ではありません。身近に女性がいる場合、砕けた破片を触ってしまう恐れがあります。詳しくは服用方法・注意点の項目で後述します。

ヘアサイクルの乱れ

プロペシアについて AGAになるきっかけはヘアサイクルが乱れることによります。髪の毛が成長、退行、休止というサイクルにより、古い毛が抜け新しい毛が出てきます。AGAの場合、成長せずに休止になった毛包が増える状態になることです。通常ヘアサイクルは6年ぐらいですが、AGAの場合1年ほどになってしまいます。

髪の毛は成長期、退行期、休止期を繰り返します。成長期は新たな毛髪が生え2年~6年かけ、毛球と呼ばれる部分が太くしっかり育ち毛が抜けにくくなります。その後、退行期に移り毛球が縮みどんどん退化していきます。すると、髪の毛が頭皮に留まれなくなり2~3週間ほどで髪の毛は脱毛します。この状態が休止期と呼ばれ、次の発毛まで毛球が頭皮内で3~4ヶ月ほど成長します。

以上が正常なヘアサイクルとなりますが、これが乱れると休止期から成長期に移行する際に数ヶ月~1年で終わってしまいます。つまり、毛は生えますが、そのまましっかりとした成長はせず、細くて短い毛になります。そのまま退行期になり毛が抜けてしまいます。その為髪の毛のボリュームが少なくなり地肌が見え薄毛の症状になります。薄毛になると髪の毛が抜けやすいのは、成長し切れていない髪の毛が増え、すぐに退行期に移るからです。

薄毛の原因、ジヒドロテストロン(DHT)

その原因が「ジヒドロテストロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンです。睾丸で作られるテストステロンという男性ホルモンがあり、筋肉の付き方、骨格、ヒゲなど男性らしさを形成する上で必要なホルモンです。そのテストステロンが「5a還元酵素」という性質を変化させる酵素と結びつくとDHTが生まれます。このDHTはかなり強い作用があり、多ければ多いほど脱毛になりやすくなります。DHTは頭皮にある毛母細胞のホルモン受容体と結びつきます。すると髪の毛の細胞は成長(細胞分裂)を妨げられ、細く短い毛になります。このような毛が頭皮に増えると薄毛となります。

フィナステリドの働き

フィナステリドにはこの5a還元酵素の働きを止める働きがあり、ジヒドロテストステロンが生成されない状態にする為「「5a還元酵素阻害剤」と呼ばれています。
効果が表れるのは大体6か月の連続服用が必要となるため、最低でも6か月は服用することが必要です。
途中で服用を破棄することにより、また薄毛や脱毛を発症してしまう恐れがあるため注意が必要です。
アメリカによる5年間の研究調査で、1日1mg服用し、実験を受けた9割の男性が効果を感じられたという結果を残しています。しかもそれは長く服用すればするほど、その効果が感じられることになります。

プロペシアの効果

AGAは若年層にも広がっている

日本人の男性30%程が発症すると言われるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの分泌が低下してくる年配者に多く見られる症状ですが、最近では若年層(20代~30代)にも見受けられるようになりました。
理由として遺伝はもちろん、男性ホルモンのバランスの崩れ、仕事や日常でのストレス、食生活などの生活習慣の乱れがあります。「自分はAGAかもしれない」と自覚のある方は早い段階での予防をすることにより、AGAを食い止める事が十分できます
様々なダメージを受けた頭皮や髪の毛に対して、十分なケアが必要になります。皮脂やフケを抑える効果のある薬用シャンプーや、髪に良いとされる亜鉛、リジン(必須アミノ酸)などのサプリも併用するとAGAの予防になります。


プロペシアで効果の見られない方

このようにAGAの治療には5α還元酵素の働きを阻害して、抜け毛の原因となるDHTを生成しないようにすることが分かりました。しかし5α還元酵素は2種類あり、それぞれ1型と2型があります。どちらもAGAに関係がありますが、それぞれ違う部分に作用しています。

・1型5α還元酵素 :側頭・後頭部の皮脂腺
・2型5α還元酵素 :前頭・頭頂部の毛乳頭

1型が多く作用するタイプの方は頭皮が脂っぽくなる傾向にあります。
AGAの一番目立つ部分といえば、おでこの生え際と登頂部です。2型が多く作用するタイプの方は強いDHTを大量に作り出すと言われ、AGAに大きく関係しているのが分かります。
まずは2型を抑えるのがAGAの改善には最適です。プロペシアは主に2型の5α還元酵素を阻害するので、最初はプロペシアの服用が良いと言えます。

しかし中には1型の作用が強く現れる方もいます。このタイプにはプロペシアはあまり効果がないので、飲んでいても薄毛のままです。そんな方には「ザガーロ」が有効です。
ザガーロは1型と2型に作用するため、プロペシアで効果が無い方はこちらを使ってみましょう。

発毛効果の高いミノキシジルと併用

プロペシアと合わせて人気なのがミノキシジルという成分が含まれている薬です。プロペシアが抜け毛を食い止めるのが得意とするなら、ミノキシジルは発毛に効果を発揮する特徴があります
液状タイプの塗り薬で日本でもCM等でよく知られているもので大正製薬の「リアップ」があります。海外で有名なものでロゲインもあります。これらは直接患部へ薬を塗布するので部分的に治療する場合に効果があります。その他副作用も出にくいというメリットもあります。
リアップやロゲインなどの外用薬の他にもミノキシジルタブレットなどの錠剤タイプがあります。こちらは体内で吸収されるため、より確かな効果を得たい場合は服用するタイプがお勧めです。
プロペシアとミノキシジルは違うプロセスでの発毛効果ですので、同時期に利用することで相乗効果による大きな成果が期待できます。

副作用の無いキャピキシルを併用

プロペシアとミノキシジルの併用は、脱毛対策と発毛効果が同時に出来る為、効果の高い方法です。しかしその反面、二つの薬の副作用も同時に受け入れることになります。大体の方はそこまでの強い副作用になることはありませんが、極まれに元々の持病(心臓の病気)や体質が合わず強く出てしまう事があります。髪の毛を増やしたいが、併用に伴うリスクが大きい場合使用は禁止とされます。 そんな方におススメなのが「キャピキシル」という成分です。こちらは天然由来成分「アカツメクサ花エキス」と細胞を修復する働きのアミノ酸「アセチルテトラペプチド3」を主体にしたAGA治療に効果が認められています。その為副作用は無く安全に使用する事が出来ます(初期脱毛はあります)。キャピキシルは薬と表記していますが、国内では医薬品でも医薬部外品でもない化粧品の一部として認定されています。 科学合成された成分は効き目が強い分、副作用がある為に使用制限がありますが、キャピキシルは医薬品ではない為制限はありません。 薄毛のさらなる改善をしたいがミノキシジルの成分が体に合わない場合、キャピキシルを選択するアプローチもありますので、あきらめる前に一度試してみてはいかがでしょうか。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用
プロペシアには副作用が低いとされていますが、実際どうなのでしょう。
効果の高い薬ということは、それなりに副作用もあるという事です。風邪薬や胃薬にも副作用はありますが、早く治す為と飲んでいる方も多いのではないでしょうか。審査の厳しい厚生労働省が正式に認可した薬ですので、安心して服用していいと言えます。飲んだ人のほとんどに副作用が出るという訳ではありませんが、どんなものか知っておくことは必要なことです。
プロペシアの日本の添付文書の説明には、48週間の治験において、276ケース中11ケースで14件の副作用が認められたと記されています。

主な副作用

・リビドー(性欲)減退
・ED(勃起不全障害)

性欲減退やEDの症状が出る副作用が確認されています。プロペシアの成分フィナステリドは男性機能に必要なホルモンにまで作用する為と言われています。

重篤な副作用

・頻度不明の肝機能障害の恐れ

症例としては少ないですが、プロペシアの服用により肝機能障害になる場合があります。肝臓は薬やアルコールの解毒や分解をして体外に排出する代謝機能があります。その為薬を飲み続けると肝臓に大きな負担がかかります。アルコールの飲み過ぎも十分注意しましょう。
※継続使用時には特に注意が必要

その他の頻度不明な副作用

・かゆみ、じんましん、発疹、口唇や舌・咽喉・顔面の血管浮腫
・睾丸痛、男性の不妊症や精液の質の低下

精液の質低下とは、精子濃度の減少や、生死運動性の低下、精子形態異常、無精子症などがあります。
また、乳房肥大や、乳房圧痛、抑うつ症状、めまいが稀に起こるとして記載されています。
頻度不明および稀な副作用症状は、薬の仕様中断とともに軽快することが認められていますが、リビドー(性欲)減退と、EDは使用中止後も持続したということが報告されています。これはポストフィナステリド症候群(PFS)と呼ばれるものです。この症例に対しての明確な治療法はいまのところないと言われています。服用を止めてしばらくEDの症状が続くようでしたら、必ず専門の医師に相談するようにしましょう。

プロペシアの服用方法や注意点

プロペシアの服用方法や注意点
1日に1錠を水かぬるま湯で服用して下さい。いつ飲んでも構いませんが、なるべく1日の飲む時間を決めて飲むとより効果的です。この場合、食前でも食後でもかまいません。
1日の用量を超えて飲まないようにしましょう。

注意点として、以下のものがあげられます。

・妊娠もしくは可能性のある女性が飲んだり触ったりしない
・プロペシアを服用中の献血はしない
妊娠している女性がいけないなのは、お腹の胎児が男の子の場合に生殖器が未発達や奇形になる場合があります。触るのがいけないのもフィナステリドは皮膚からも吸収されるからです。献血がいけないのは、妊娠もしくは可能性のある女性にフィナステリドの成分のある血液を輸血されるのを防ぐためです。

・高齢者や未成年の使用禁止
プロペシアは高齢者でも一応服用は可能です。しかし、いくらかの効果は期待できるかも知れません。実際は壮年性の脱毛症にはプロペシアのジヒドロテストステロンを抑える効果は特に効果を発揮しません。60歳以上でもっと髪の毛を復活させたいとお考えの方は、ミノキシジルを使うことをおすすめします。ミノキシジルには壮年性の脱毛症に効果があることが確認されています。
未成年のプロペシアの使用についてですが、メーカーからの注意書きには「20歳未満では、AGAには関係のない年齢なので使用する必要はない。効果や安全性についてもデータが無いため服用はやめた方がいい」という意味合いの記載があります。
子供は大人と違い成長ホルモンの分泌が活発です。プロペシアを飲むと成長ホルモンの分泌が悪くなると言われています。成長や健康のことを考えたら未成年の方の服用はやめた方がいいでしょう。

プロペシアの通販方法

プロペシアの服用方法や注意点
通常プロペシアを購入する場合、病院で処方箋をもらいます。この場合特に命に関わる病気ではないので、保険適応外の薬になります。その為、治療にかかる費用はかなりになるのが予想されます。
プロペシアにはジェネリック医薬品のフィンペシアという治療薬があります。
同じ経口薬で有効成分も同じですので効果を同じように期待できると同時に、最近では薬局によってジェネリック医薬品を推薦しているところもあります。
プロペシアと比較するとフィンペシアは非常に安価なため、AGA患者にとっては強い味方となるでしょう。
今は海外からの通販で、外国の医薬品が買えます。海外といってもサイト自体は日本で作られたものなので、買い物も問い合わせも日本語で対応が出来ます。購入する方は普段ネットで買い物をする要領で買い物する事が出来ます。配送も自宅まで届けてもらうので、わざわざ薬をもらいにいくだけの通院の必要もありません。とてもお得なので是非ご利用をおすすめします。
フィンペシアの他、ジェネリック薬には以下のものがあります。是非ご参考にして下さい。

フィンペシア

フィンペシア
インドのシプラ社製、プロペシアのジェネリック薬です。安全性や価格の安さから人気のジェネリック医薬品です。ミノキシジルタブレットとの併用でさらに発毛・育毛の効果が高くなるのでお勧めです。▶ フィンペシアについて詳しくはこちら

●成分フィナステリド1%  1錠 45円

フィナロイド

フィナロイド
シンガポールのロイドラボラトリーズ社製、プロペシアのジェネリック薬です。主成分フィナステリドがプロペシアと同じ用量の為、同等の効果が期待できる薬です。ミノキシジルタブレットとの併用でさらに発毛・育毛の効果が高くなるのでお勧めです。

●成分フィナステリド1%  1錠 49円

フィンカー

フィンカー
インドのシプラ社製、プロペシアのジェネリック薬です。成分のフィナステリドが他に比べ5%配合と多い為、ピルカッターでカットして服用すれば大変お得です。ミノキシジルタブレットとの併用でさらに発毛・育毛の効果が高くなるのでお勧めです。

●成分フィナステリド5%  1錠 90円

まとめ

プロペシアの服用方法や注意点
プロペシアは主成分フィナステリドを配合した非常に効果の高いAGA治療薬です。
AGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑える作用により、薄毛になる頭皮のヘアサイクルを改善させます。現在は抜け毛防止のAGA治療の第一選択の薬として使用されています。さらに発毛効果のあるロゲインなどのミノキシジルが配合された薬と併用する事で、さらに薄毛の改善に効果が期待できます。
どんな病気にも言える事ですが、対処が早ければ治る確率は各段にアップします。これはAGAの治療にも言えることです。細く短くてもまだ毛髪が生えている状態から治療を始めれば希望はあります。
その場合、長期間の治療が必要になってくるので、なるべく費用を抑えたい方は是非通販の利用をおススメします。医療機関などで処方してもらうものより大分コストを抑えることが出来ます。AGAは進行が速い病気ですのでとにかくちょっとでも薄毛が気になり出したら、プロペシアをお試し下さい。きっとあなたの髪の毛は取り戻せます。
育毛剤・発毛剤の通販