AGAに効果的な育毛剤プロペシアの効果効能、副作用、通販で購入する方法について詳しく解説します。

薄毛お助け本舗
  1. トップ
  2. プロペシアの基礎知識

プロペシアの基礎知識

プロペシア プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療に使用されている、発毛・育毛を促進するお薬です。治療用のための育毛剤で、実際に育毛に期待ができるものと証明されています。
今現在男性に対してのAGAの治療薬でこれ以上のものはないとまで言われています。

有効成分はフィナステリドと呼ばれる元々アメリカで前立腺肥大のお薬として開発されていたものです。1mgの容量で副作用からその多毛症が見られるとの結果があり、AGAの治療薬としてアメリカで開発されたのがきっかけになります。
日本では2005年から販売許可が降りました。
睾丸で作られる男性ホルモンテストステロンをジヒドロテストロンへ変化させる酵素5a還元酵素を邪魔することにより、脱毛や、薄毛の原因を生まないという仕組みになっており、効果が表れるのは代替6か月の連続服用が必要となるため、最低でも6か月は服用することが必要です。
途中で服用を破棄することにより、また薄毛や脱毛を発症してしまう恐れがあるため注意が必要です。
アメリカによる5年間の研究調査で、1日1mg服用し、実験を受けた9割の男性が効果を感じられたいう結果を残しています。しかもそれは長く服用すればするほど、その効果が感じられることになります。
プロペシア

プロペシアの効果

AGA(男性型脱毛症)は、高齢者というより若い世代に近年よく見られます。
遺伝はもちろんなのですが、男性ホルモン、現代社会でのストレスや、食生活なども関連しているため、AGAかもしれないと感じた方は早い段階での予防をすることにより、効果を実感しやすくなります。
プロペシアにはジェネリック医薬品のフィンペシアという治療薬があります。
同じ経口薬で有効成分も同じですので効果を同じように期待できると同時に、最近では薬局によってジェネリック医薬品を推薦しているところもあります。
プロペシアと比較するとフィンペシアは非常に安価なため、AGA患者にとっては強い味方となるでしょう。
また、経口薬と外用薬を併用するとさらに効果が期待できると言われています。
代表的なのがミノキシジルという成分が含まれているロゲインという製品です。
こちらは海外では長い間愛用されており、日本では同じミノキシジルが含まれてる商品で大正製薬のリアップがあります。
日本では高濃度のものは認められておらず、海外製品の法が高濃度なお薬になっています。
ロゲインは現在AGA患者にとってなくてはならない存在となっており、外用薬と経口薬の併用により、育毛効果がかなり期待できるといわれています。
プロペシアとミノキシジルは違うプロセスでの発毛効果ですので、同時期に利用することで相乗効果による大きな成果が期待できます。
プロペシアの効果

プロペシアの副作用

プロペシアの日本の添付文書の説明には、48週間の治験において、276ケース中11ケースで14件の副作用が認められたと記されています。

・主な副作用として
 リビドー(性欲)減退が1.1%
 ED(勃起不全障害)が0.7%

・重篤な副作用として
 頻度不明の肝機能障害の恐れ
 ※継続使用時には特に注意が必要

・その他の頻度不明な副作用として
 過敏症の分類として掻痒感、蕁麻疹、発疹、口唇や舌、咽喉、顔面の血管浮腫
 生殖器では睾丸痛、男性の不妊症や精液の質の低下
 精液の質低下とは、精子濃度の減少や、生死運動性の低下、精子形態異常、無精子症等。

また、乳房肥大や、乳房圧痛、抑うつ症状、眩暈が稀に起こるとして記載されています。
頻度不明および稀な副作用症状は、薬の仕様中断とともに軽快することが認められていますが、リビドー(性欲)減退と、EDは使用中止後も持続したということが報告されています。
育毛剤・発毛剤の通販