ハゲの悩みはミノキシジルとプロペシアに聞け!

AGAの強い味方ミノキシジル

AGA(男性型脱毛症)の若い世代の患者が年々増加してます。
おもな原因として挙げられるのは遺伝はもちろんあるのですが、男性ホルモンの影響によるものです。
ストレス社会や、対人関係、食生活、不規則な生活、現代病と言われる原因のものばかりがAGAにも悪影響を及ぼしてると言われてます。
AGAは進行していきますので、予防することにより、進行を遅らせたり、増毛したりすることは可能です。
ミノキシジルという成分をご存知でしょうか?
日本では大正製薬のリアップという外用AGA治療薬があります。シリーズ化もしており、日本では大変メジャー製品になります。
海外では同じ成分でロゲインという外用AGAの製品があります。
元々ミノキシジルですが、アップジョン社(アメリカ)が開発した発毛を促進してくれる成分になります。
毛細血管を広げ、血圧を下げてくれる効果があって、元はといえば高血圧の患者に使用する血圧降下剤の経口薬として開発されていました。
開発途中、副作用として多毛症の例が多く報告され、外用薬として頭の毛髪部分に使用したところ、薄かった髪の毛に対して、発毛効果が高くあらわれ、発毛に有効だということが発表されました。
これにより、再研究を行い、頭髪用の外用医薬品として成分を再構築し、1980年の初めにロゲインが誕生しました。
発毛を促進してくれるとして現在も多くの人が利用してます。
アメリカでは高濃度(15%以上)の製品や、内服薬も正式認可を受けてますが、日本では薬品の安全認識観点から、大正製薬の(1%、5%)のみの販売となってます。
AGAの外用薬ですが、経口薬と併用すると効果がより期待できます。
プロペシアというAGA用経口薬あります。こちらはアメリカのメルク社が開発し、日本ではMSD株式会社が販売してます。
これを服用することにより、AGAの主な原因DHT(ジヒドロテストステロイン)を作成する、原因物質を阻害してくれるので脱毛を予防し、なおかつ休止していた毛穴からの発毛を促してくれます。
それにより、進行を防いでくれ、そして増毛に至るということです。
このプロペシアですがジェネリック医薬品として、フィンペシアという医薬品があります。
ジェネリックに抵抗がない方は全く同じ有効成分ですので、同じ効果、効能がありますのでフィンペシア使用してる方も多いです。
AGAで悩んでる方は、進行する前に早めの予防や早めの治療をすることをお勧めします。

サイト紹介

ミノキシジルタブレット通販|効果・副作用|お薬なび