Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/dwuqrck5/public_html/common/common.php on line 210

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/dwuqrck5/public_html/common/common.php on line 210
 薄毛やAGAは薬で治療|薄毛・AGAの対処法

薄毛やAGAは薬で治療するのが第一選択となっています。自分はどれに当てはまるか、タイプ別の原因や対処法について解説しています。

薄毛お助け本舗

薄毛やAGAは薬で治療

AGA AGAが進行してしまった髪の毛はそのまま放っておくのは完全にNGです。薄毛や脱毛は「男性型脱毛症」という病気名のある、れっきとした病気の一種です。しっかりと治療しないと治ることはありません。テレビに出ている芸能人や芸人さんで以前は薄毛をネタにしていたのに、今では触れる事も無くなるほど、髪の毛がしっかりと生えた人も何人もいます。治療やヘアケアを十分にやった結果だと思います。
AGAの治療では第一選択として、AGA治療薬の使用があります。一般的な薄毛・脱毛の専門治療では薬を使ったものがメインになり、主に次の治療薬が使われています。

ミノキシジル

ミノキシジル 日本では「リアップ」の商品名で知られる、十分な発毛効果が期待される成分で、塗り薬やタブレット、錠剤などの種類があります。
??ミノキシジルタブレットについてはこちら

プロペシア

プロペシア 世界的にトップの知名度を誇るAGA治療薬の代名詞。副作用も控えめで育毛効果が期待できる薬です。
??プロペシアについてはこちら

ザガーロ

ザガーロ その効果はプロペシアより高いとされる、新しく登場した注目のAGA治療薬です。これまで効果の出にくいM字型の脱毛に威力を発揮します。
??ザガーロについてはこちら

キャピキシル

キャピキシル その効果はミノキシジルの3倍といわれる、新しく登場した注目のAGA治療薬です。天然由来成分を使用している為、副作用の心配もなく使える薬です。
??キャピキシルについてはこちら
その他、育毛シャンプーを使い頭皮や髪のコンディションを整えるのも有効とされます。合わせて、髪の毛に足りていない栄養素を補てんするサプリメントも効果が有るとされます。

薄毛お助け本舗ではそんなお悩みの方に、対処法や治療法、AGA治療薬の通販での購入の仕方など詳しく解説していきます。

目次
1.AGAのタイプ~種類別~
2.薄毛の原因
2-1.原因1 男性ホルモン
2-2.原因2 遺伝
2-3.原因3 ストレス
2-4.原因4 生活習慣
3.タイプ別の薄毛対策
3-1.M型タイプ(前頭部)薄毛の対策
3-2.O型タイプ(頭頂部)薄毛の対策
3-3.U型タイプ(頭頂部・前頭部混合)薄毛の対策
4.薄毛のタイプ別治療期間
5.円形脱毛症は別の病気
6.治療薬の通販
6-1.通販でのメリット
6-2.通販での失敗しないポイント
7.まとめ

AGAのタイプ~種類別~

AGAのタイプ AGA(男性型脱毛症)は、近年若い世代の患者が増加しているといわれています。
テレビではAGAに関するCMが頻繁に流れ、以前より身近に感じられるようになりました。
AGAの定義は、髪の毛が細くなったり、抜け毛の量が増大したり、髪の毛の正常な成長が妨げられることで起こり、その結果として「髪の毛が薄くなった状態」のことを指します。男性の薄毛はAGA、女性の場合はFAGAと呼ばれています。

毛が成長するヘアサイクルを比較すると、正常な場合には2年から6年で成長し、太くコシのある毛髪へと育ちます。しかし、AGAの場合には数か月から1年で成長し、それ以上成長する前に、また太くコシのある毛になる前に抜け始めてしまいます。
かつ、そんな軟毛が沢山増えるので、地肌が見え目立つようになるのです。
薄毛になる部位によって、その原因や対策が異なるといわれています。
そのタイプは3パターンあり、M型(前頭部)O型(頭頂部)U型(頭頂部・前頭部混合型)です。

M型タイプ

M M型とはおでこの髪の毛が後退していく際に、両側がどんどん毛が薄くなっていく状態のものです。中心部分はゆっくり進むため残る形になり、見た目が「M」のようになる為このような名前が付けられています。この症状は加齢とともに進行していくので非常に割合の多いタイプと言えます。分かりやすいところでは、タレントの所ジョージさんや笑福亭鶴瓶さんがこのタイプになります。
原因は男性ホルモンの影響によるヘアサイクルの乱れです。合わせて、この部分は毛細血管の血行が非常に良くない部分なので、なかなか髪の毛が生えにくい部分と言われています。

O型タイプ

O O型は頭頂部やつむじから薄くなり出し、その部分から円のように広がっていく状態のものです。正面から見た場合、一見すると前髪はあるので自分では気にはなりませんが、後ろから見られた場合や、しゃがんだりお辞儀した際に他人からの視線を受ける事で気づく場合があります。O型は特に欧米人に多いタイプとされます。理由としては脂肪や動物性たんぱく質の多い肉食中心の食事が原因のようです。最近では日本でもこのタイプの方も増えているようです。タレントのフットボールアワーの岩尾望さんがこのタイプです。
こちらも原因は男性ホルモンの影響によるヘアサイクルの乱れです。さらに人体の中でもっとも高い場所にあり血行も良くない場所の為、髪の毛が生えにくいと言われています。

U型タイプ

U U型はおでこの中心から後退していき、後頭部と側頭部の髪の毛が残る状態のものです。M型とO型がそれぞれ進行し、繋がったタイプもU型になります。MとOがつながる形からA型、V型と呼ばれる場合もあります。M型がそのまま進行してもU型になりますが、O型も同時に進行するとスピードが速くなります。このタイプは薄毛の範囲が広がり進行の後期段階なので、治療は非常に困難になってきます。なるべく早い段階で対応するようにしましょう。タレントのモト冬樹さんや芸人のトレンディエンジェル・斎藤さんがこのタイプです。
こちらも原因も男性ホルモンの影響によるヘアサイクルの乱れです。前述したようにおでこ全体の後退する部分と頭頂部は、かなり血行が良くない部分ですので一度ヘアサイクルが乱れると髪の毛が生えにくいとされます。

薄毛の原因

薄毛の主な原因としてあげられるのが遺伝はもちろんのこと、男性ホルモンによる影響があります。
現代社会におけるストレスや対人関係、食生活、不規則な生活、そのどれもが現代病と呼ばれるものばかりが薄毛の原因の一種となっていることが分かります。
もちろん薄毛は予防することにより進行を遅らせたり、増毛させることが可能です。
ではその薄毛の4つの原因を詳しく解説していきましょう。

原因1 男性ホルモン

ヘアサイクル正常 まず、髭や体毛の成長を促進させる男性ホルモンのテストステロン(TH)が薄毛の第一要因となります。
テストステロンは精巣で95%、副腎で5%産生される男性ホルモンのひとつで、体毛や鬚を促進させる働きを持ちますが、頭の毛髪にとってこのホルモンは逆に薄毛の要因となってしまいます。

そのメカニズムは、テストステロンと変換酵素「5α還元酵素」が結合するとジヒドロテストステロン(DHT)という更に強力な男性ホルモンに変化します。DHTが毛母細胞にある男性ホルモンの受容体に結合すると、毛髪の生成のための細胞分裂が減少してしまいます。髪の毛は一度生えるとずっと伸び続けるわけではなく、生えて成長しさらに新しい毛生まれる事で古い毛が抜け落ちる性質があります。これをヘアサイクルと言いますが、。毛母細胞の細胞分裂が減少すると細く、弱々しい毛が生えます。そしてあまり成長しない短いうちに毛が抜けてしまいます。これが薄毛となるヘアサイクルの乱れです。
ヘアサイクル異常
テストステロンがジヒドロテストステロンへ変える還元酵素の5aリダクターゼは前頭部から頭頂部、髭などの一定の場所に特に多く存在しているため、体毛や髭が濃い人がはげやすいというのはあながちウソでは無いのです。

原因2 遺伝

遺伝 常識のように言われている「はげは遺伝する」に関してですが、詳しく解明されていない事がありますが、実際にあるようです。
人間にはXとYという2種類の染色体と、1番から22番までの染色体があります。よく知られているのがXとYの組み合わせで生まれてくる時に、男か女に分かれるそうです。この中にはヒトのデータといえるDNAが含まれており、遺伝に関わる部分とされます。
遺伝子には様々なDNAが組み込まれていて「髪を黒くする」や「まつ毛が長い」などのヒトを形作る上での指令が数多く含まれています。その中に「薄毛になりやすい」という指令もあります。実際に薄毛の遺伝子と言われるものが2種類あります。

・5α還元酵素を活性化させる遺伝子
5α還元酵素は薄毛の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成する酵素です。5α還元酵素と男性ホルモンのテストステロンが結合してDHTとなり、DHTと毛乳頭細胞にある薄毛に関係する男性ホルモン受容体と結びつきます。結果ヘアサイクルを乱して抜けやすい薄毛を作り出します。5α還元酵素が多く分泌されることは薄毛になりやすいということになります。

・男性ホルモン受容体の感受性が高い遺伝子
受容体の感受性が高いとどうなるか。頭皮にある受容体はDHTと結びつく事でヘアサイクルを乱し薄毛になるので、感受性が高いと受容体がDHTを受け入れやすくなり、薄毛になる確率を高める事になります。感受性が低ければDHTがどんどん作られても影響されず、しっかりした髪の毛として成長します。

このように薄毛遺伝子があると体質的に薄毛になりやすいと考えられています。

遺伝イラスト これらの遺伝子はXとYの染色体のXの方にあると言われており、Xの染色体は母方から受け継がれます。その為はげる遺伝は母方の祖父が持っているものを受け継ぐことになるので、そちらの家系の頭皮を見れば自分ははげるのかどうかある程度分かるはずです。

しかし人間の染色体は47本あると言われ、その組み合わせはとても多いものと言われます。同じ遺伝子を受け継ぐ確率も低く、同じ両親から兄弟が生まれたとしても個人差はあるものです。遺伝は大きく薄毛に影響しますが、それだけではないようです。
さらに遺伝の為5α還元酵素が活性化されていれば、プロペシアやザガーロの効果も発揮されるという事も言えます。

原因3 ストレス

ストレス 現代社会は少なからずストレスは誰しもが抱えているものです。そのストレスは抜け毛や薄毛に関係しているのは実感として感じている人も多いかと思います。
体には自律神経というものがあり、人の生命活動に関係する重要な器官があります。自律神経には交感神経副交感神経があります。緊張やストレスでは交感神経が働き、休養やリラックスすると副交感神経が働きます。この二つのバランスが取れている状態が体にとっては良いとされています。
脳が慢性的なストレスを継続して受け続けると、交感神経が働きます。2つの交換神経のバランスが崩れると体にさまざまな悪影響が及ぶことになります。その1つに毛細血管が収縮し血行が悪くなる、つまり血行不良が起こります。よく耳にするのが肩こりなどですが、頭皮にも影響が出ます。頭皮の毛細血管が細くなり栄養が届きにくくなることになり髪の毛が薄くなり抜け毛が増えます。さらにホルモンの分泌のバランスが崩れる事もあげられます。抜け毛が促進する働きのある男性ホルモンが増えてしまう事です。
抜け毛や薄毛以外にも「動悸」「肌が衰える」などの症状が起こりやすくなるのも特徴です。
後述で詳しく説明する部分的に毛が抜ける「円形脱毛症」もストレスが原因で起こる脱毛症の1つです。

原因4 生活習慣

生活習慣 生活習慣の乱れも薄毛以外にさまざまな不具合をもたらすものとして注目されています。1つは食生活です。脂分の多いカロリーの高い食事は皮脂の分泌を促すため、毛穴のつまりが起こります。さらに肥満になる事で血流が悪化します。頭皮の毛細血管まで血液が届かずに髪の毛が育ちにくくなります。
食事の内容の他に時間も関係していると言われています。深夜や寝る直前の食事は良くありません。髪の毛が成長するのに必要なホルモンは夜の22時から2時ぐらいの間に分泌される事が多いです。この時間に食事を摂ると、胃や腸を活性化させるために血流が集中します。その為、ホルモンが頭皮まで届きにくくなります。さらに寝る直前の食事は肥満への第一歩なので、悪循環となります。
睡眠不足も髪の成長にはとても大事な問題です。普段から帽子をかぶっていない人は、日中に外に出ると、髪の毛にとってはダメージを受ける事が多くあると言われています。太陽の紫外線、屋内と屋外での温度や湿度の差、髪の毛に付着するホコリやチリなどさまざまです。睡眠には休息によりエネルギーを蓄え体力を回復させ、疲れを取る役割があります。睡眠不足が続くと体のエネルギーを代謝させる機能が上手く働かなくなり、ダメージが回復しない状態が続くことになります。体の器官として考えると髪の毛(頭皮)は他の臓器を比べ優先順位は低いものです。エネルギーの供給は命に関わる部分から重点的に行われるので、後回しになる髪の毛は十分な栄養を受けなくなります。その為頭皮の毛母細胞が活発に細胞分裂をできなくなり発毛しにくい、つまり薄毛になる可能性が高まります。


これら4つの原因から発症する脱毛症に頭を抱える人は多くいます。
しかし、現在はプロペシアミノキシジルなど、様々な発毛剤や育毛剤、サプリメントやシャンプーが存在し、その効果も認められています。
当サイトでは、そのあちこちに飛び交った情報をまとめてくわしくお伝えします。

タイプ別の薄毛対策

以上のように薄毛にはいろいろな原因によって引き起こる事があるようです。
それでは薄毛の原因が分かったところで、それぞれのタイプ(M型、O型、U型)の具体的な対策を確認しましょう。

M型タイプ(前頭部)薄毛の対策

Mタイプ 薄毛の対策 M型(前頭部)の対策は、ホルモンバランスを整えることですが、どのようなことを行えばよいのでしょうか?

まずはホルモンバランスの崩れのメカニズムをご説明しましょう。 「副腎」と呼ばれる腎臓の上に乗っている様々なホルモンを産生する臓器があります。ストレスの項目でも触れましたが、人間の体調のバランスに大きな影響を持つ自律神経は交感神経・副交感神経という2種類で構成されています。交換神経をコントロールするアドレナリンや、ノルアドレナリン、コルチゾールなどのホルモン分泌を行います。
心身ともにストレスを受けるとこの臓器に対し、疲労がかかることになります。その状態が長く続くと正常な働きを行うことが難しくなり、結果的にホルモンバランスを崩すことに繋がります。最近では「副腎疲労」と呼ばれています。

つまり、この副腎を元気にすることがなにより大切です。

そのためには「バランスのよい食事」による十分な栄養・ミネラルの補充や、「適度な運動」によるストレス発散、ゴールデンタイムである22時~2時に入眠し、少しでも「質の高い睡眠」をとること、「ストレス軽減」の4つの対策が健康的にホルモン分泌を維持できる方法としてあげられます。
その他、目の疲れも生え際の血行に関係しているので、寝る前に熱いタオルやホットアイマスクを当て、疲れを取るようにしましょう。
また加齢、老化に伴い、徐々にホルモンの分泌量は変化していくので、薄毛の予防及び進行を阻止するにはどれか一つの対策ではなく、4つを意識した生活改善が求められるのです。
合わせてこの症状のほとんどの方が、AGA(男性型脱毛症)が原因となります。医療機関でのAGA治療の第一選択として薬を使用したものが提案されます。
脱毛に効果のある「プロペシア」や「ザガーロ」、頭皮の毛細血管を拡張する効果のある「ミノキシジル」などが定番です。
プロペシアは薄毛の原因とされるホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える働きのある「フィナステリド」が配合されたAGA治療薬です。
プロペシア同様、ザガーロにもジヒドロテストステロンの生成を抑える効果の「デュタステリド」が配合されています。ザガーロはさらに効果が高い薬です。
ミノキシジルは成分の名称で、錠剤や液状タイプなど、用法の違う種類のある発毛・育毛剤です。ミノキシジルの配合された「リアップx5プラス」は長年使用されている育毛剤です。

O型タイプ(頭頂部)薄毛の対策

Oタイプ薄毛の対策 次に、O型(頭頂部)の対策です。
頭頂部型の原因は血行不良による髪の栄養不足です。改善策としては、適度な運動や筋トレをして筋肉のポンプを活性化、サウナや入浴などの温活が効果的です。入浴後の髪を乾かす前の頭皮マッサージも血行を良くする方法です。その他カロリーの高いものや、脂質が多い食べ物を控えるバランスの取れた食事をこころがけましょう。

血行を良くしようとして気になる部分をブラシ等で叩いたり、指で入念にもんだり、1日に頻回にシャンプーで皮脂を必要以上に洗い流したり、高圧水流のシャワーヘッドで頭皮洗浄するという方法は、逆に薄毛を促進させてしまいます。
これらは間違った方法ですので、思い当る方は今すぐやめましょう。
合わせてこの症状のほとんどの方が、AGA(男性型脱毛症)が原因となります。現在は効果的な治療としてAGA治療薬を使ったものがスタンダードになっています。
脱毛を食い止める「プロペシア」や「ザガーロ」、血管拡張作用のある「ミノキシジル」などが使用されます。
プロペシアは男性ホルモンの一種でAGAの原因となる、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える働きのある「フィナステリド」が配合された薬です。
ザガーロも同様にジヒドロテストステロンの生成を抑える効果のある「デュタステリド」が配合された比較的新しい薬です。
ミノキシジルは外用薬「リアップx5プラス」に配合されている、国内では歴史のある育毛・発毛剤です。

U型タイプ(頭頂部・前頭部混合)薄毛の対策

U・Aタイプ薄毛の対策 U型(頭頂部・前頭部混合型)の対策です。
このタイプの薄毛は生え際が後退していき、おでこがどんどん広がっていく特徴があります。さらに同時進行で頭頂部の頭皮が見えてくる「O型」も進行していき、やがて「M型」と重なる薄毛の進行が大分進んだ状態を指します。
その形からU形、V型、A型とも言われています。アニメ「サザエさん」に出てくる、波平さんを想像するとわかりやすいかと思います。

このタイプの薄毛の主な原因は生活習慣、眼精疲労、仕事などの精神的なストレスといわれ、O型、M型など他の薄毛のタイプとくらべると、生活習慣の改善こまめな頭皮ケアを行う事によって症状を改善しやすいタイプです。
では、この薄毛のタイプはどんな対策をとったらよいでしょうか。大切なことは、喫煙と食生活のみなおしです。喫煙は血流を悪化させ、男性ホルモンの増加をうながしてしまうため、髪の成長を妨げてしまい、薄毛をひきおこしてしまいます。なので、本数を減らしたり、おもいきって禁煙することをおすすめします。
また、食事に関しては、高カロリー高脂質の食事は薄毛の原因につながる男性ホルモンを活性化させてしまい、皮脂を増加させてしまうため、高カロリー、高脂質の食事は控えた方がよいとされています。

ただ、他の薄毛のタイプと同様、症状が進行すると、生活習慣などの見直しのみでは薄毛を改善することが難しいため、その場合、プロペシアザガーロミノキシジルなどの薄毛に効果的な発毛剤を利用することをおすすめします。発毛剤であれば、髪に直接栄養が届くため、より発毛効果を実感することができます。
これらのタイプは症状の進行が進むと改善はできますが、時間と費用がかかる比率が大きくなっていきます。AGAの治療は生命に関わる病気ではない為、保険が適用されません。
始めのうちは「まだ大丈夫」思うでしょう。しかし薄毛の進行は思った以上に早いものです。本人は毎日目にするので徐々に進行する事に慣れてくるものです。時間を置いて目にした人には、かなり進んでいるように感じます。例えるなら「親戚の子どもの成長は早く感じる」ようなものです。
薄毛の進行が飛躍的に進む前に先手を打つのも改善の1つの方法です。

薄毛のタイプ別治療期間

薄毛のタイプ別治療期間 薄毛の治療はどのくらい期間がかかるのでしょうか。
タイプ別に違いがあるようにもおもいますが、基本的にどんなタイプでも治療期間はほとんど変わらず、医療機関にて治療する場合、平均で約半年~1年だそうです。大体の薄毛患者の人が治療を開始してから、3ヵ月~6ヵ月程度で発毛効果を実感し始めます。

ただ、一概にどのタイプの人でも上記の期間で効果を実感できるというわけではなく、薄毛の進行具合や、薬のタイプが自分の体質とあっているかなど、患者さんの状態で変化するため、前後する可能性もあります。

また、タイプによって差はないとは書きましたが、こめかみから抜け毛、薄毛などが進行するM字タイプの薄毛の人はほかのタイプよりも治りにくいとも言われています。なぜ、治りにくいといわているのかというと、コメカミはほかの部位と比べ皮膚が薄いく、血流の循環がうまくいきにくいからです。

なので、プロペシアやミノキシジル、ザガーロなどの効果的な発毛剤をつかっても、他の薄毛のタイプよりも有効成分が行き届きにくく、効果が実感しにくいのです。また、M字タイプという特徴以外にも何十年など長期間、薄毛を放置している人も治りにくいタイプの一つだとも言われています。

薄毛の治療は早期に対処するのが一番効果を発揮します。もし少しでも薄毛の症状を実感しているのであれば、薄毛を専門としている医療機関へ受診することをおすすめします。

円形脱毛症は別の病気

薄毛のタイプ別治療期間 ホルモンバランスの崩れによる脱毛症としてもう一つ、よく耳にするものが「円形脱毛症」です。この症状は薄毛になるAGA(男性型脱毛症)とは違う作用によって起こるものです。 精神的ストレスや身体の疲労・体力の低下によって起こるとされるこの症状はどんなものなのでしょう。円形脱毛症の症状や原因、対処法についてご紹介します。

円形脱毛症とは、頭部の一部分が円形状に髪の毛が無くなり、10円玉サイズほどの大きさで頭皮の地肌が見えるようになる症状のことを指します。身体に特に何の兆候がなくても突如脱毛が始まり、脱毛している部分の髪の毛を引っ張るとなんの痛みもなく、スッと抜けるようになります。回復が見られ始めると、自然に髪の毛が生えて引っ張っても抜けにくい髪の毛が生えてきます。男女問わず見られる疾患です。

現在提唱されている理由が、「自己免疫疾患」です。人間に体には免疫機能が備わっており、外部から体内に入ってくるウィルスや病原菌などを攻撃する防御反応があります。血液にある白血球が全身を巡りウィルスや細菌を探しやっつける働きです。しかしなんらかの条件により、この免疫機能が異常をきたす事があります。すると今まで身体の一部だった部分を異物と判断し攻撃をしてしまう症状です。
免疫系の細胞であるT細胞は外部からの異物や異変のある細胞を攻撃したり、周辺の免疫細胞に作用し抗体を作り出す手助けをする細胞です。このT細胞が毛根を異物と錯覚して攻撃してしまうため、毛根が傷つけられ毛が抜けてしまいます。

症状が起こる原因として「精神的なストレス」があげられます。自律神経の1つである交感神経は緊張やストレスを感じると働く器官です。脳の視床下部がストレスを感じると、ストレスと戦うために交感神経を働かせホルモンの分泌を促します。このストレス状態がずっと続くと体のホルモンバランスが崩れてしまいます。それが自己免疫疾患になる原因と言われています。
もう一つ交感神経の特徴として血管の収縮があります。ストレスが続くと交感神経がずっと働いている状態になり、血管が収縮することで栄養や酸素が全身に廻らなくなります。
それ以外にも円形脱毛症になる原因として、

・アトピー性疾患のある人
・遺伝的要素がある人
・出産後の女性ホルモンの減少

があります。

円形脱毛症の治療法はまだしっかりと確立しておらず、根治しないと言われています。しかし現在では効果の高い治療法がいくつか試されその成果も出てきています。

局所免疫療法

円形脱毛症の部分は自分の免疫によって毛根が攻撃され起こる症状です。その攻撃の鉾先を別の方に向ける事で、免疫の毛根への攻撃を抑えるのが「局所免疫療法」です。患部に人工的な薬品を塗りその部分をかぶれさせる方法です。かぶれが起こるという事は免疫が働いていることです。
非常に効果の高い治療法なのですが、現在日本では保険適用の認可が降りていません。治療を受ける場合は自費にて1000円~1500円程度かかります。治療期間は個人差がありますが半年~1年以上かかります。

治療薬の使用

その他一般的な療法として治療薬を使ったものがあります。

内服薬
・抗アレルギー薬(第2世代抗ヒスタミン剤)
・セファランチン
・グリチルリチン
・ステロイド内服

外用薬
・ステロイド外用
・塩化カルプロニウム外用(フロジン液)
・ミノキシジル外用

が主に使用される薬です。

治療薬の通販

薄毛の通販 薄毛の治療薬の入手方法は基本的に医療機関で医師に診察してもらい、薬を処方してもらいますが、他にもお得に手に入れる方法をお伝えします。それは海外からの通販で購入する方法です。海外からの通販ですと、国内の医療機関の処方よりも安く入手が可能です。
その他、ジェネリック購入すると効果の高い薬がさらに安く手に入れる事ができるので、薬代の節約にもなりますので非常にお得です。是非お試しになってみてはいかがでしょうか。

通販でのメリット

日本で処方箋が必要な医薬品については、通販で購入することはできません。 海外からの通販となると、通常は個人輸入によるものがほとんどでした。これには大変な手間がかかり面倒なものでしたが、今は個人輸入の代行業者がサイトを運営している事により、手軽に購入する事が出来るようになりました。
代行業者が間に入り海外からの通販が簡単になっただけでなく、利用すると以下のようなさまざまなメリットがあります。

・自宅に居ながら購入ができる。
・薬代や医療費を抑える事ができる。
・通院や人に知られるストレスが無い。
・さまざまな種類の薬が購入できる。

AGAの治療は薄毛を気にしていることもあり非常に繊細なものです。なるべくなら人目に着きたくもない、病院で衝撃の真実を聞かされるのも心の準備が必要となります。自宅でAGAの治療薬が買うことが出来るのであれば、余計なストレスにさらされる事がなく治療が出来ます。
AGAの治療は、治療したらすぐに治るものではなく、長期間に渡る事がほとんどになり、且つ保険が適用されない病気です。何度も病院に通い診察、薬の処方、交通費などお金がいろいろかかり、それが長期ともなれば家計の負担が多くなるのは予想出来る事です。そこでおすすめなのが通販の利用です。通販であれば国内で処方される薬も、若干安く買うことができますし、同じ成分配合のジェネリックであればさらに家計へ負担をかけることなく治療をすることが出来ます。

通販での失敗しないポイント

以前は海外からの通販と聞くと、何やらあやしい感じがして手を延ばすことが躊躇されていましたが、現在は優良なサイトがありますので、いくつかのポイントを抑えれば大丈夫です。

・問い合わせや質問に対しての連絡が速く対応が丁寧。
・値段が安すぎない。
・信頼があり長い間運営されている。
・評価の高いユーザーのレビューが多くある。
・サイトがしっかり作られている。

あまりにユーザーからの評判が悪いサイトは、このご時世生き残ることはできません。長く続いているサイトは、しっかりと運営されている証明なので怪しい薬が送られてくることは無いでしょう。
海外からの通販に難色を示す方もいるかと思いますが、心配はいりません。普段インターネットで通販したことのある人なら、同じ感覚で購入する事ができます。薬は海外から発送しますがサイトの運営は国内でされているので、日本語で対応してくれます。素人や外国で無理やり作られたサイトは怪しいので利用しない方が良いでしょう。

以下のサイト「お薬なび」は安心して購入できるサイトですので、気になる方はご利用してはいかがでしょうか?

まとめ

AGAにはM型(前頭部)、O型(頭頂部)、U型(頭頂部・前頭部混合)の3種類のタイプがあります。以下のように対処法するのがおすすめです。

M型(前頭部)

AGA(男性型脱毛症)と生活習慣の乱れ、目の疲れによる原因とされます。バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動など生活習慣を改善させましょう。目の疲れに対しては目に熱いタオルやホットアイマスクを当てるなどが効果的です。
AGA治療薬のプロペシアやザガーロが効果あり。

O型(頭頂部)

血行不良で栄養不足の場合が多いので、体を温める温活、食生活や生活習慣の見直し、十分な睡眠、頭皮のマッサージなどが効果的です。
AGA治療薬のミノキシジルが効果あり。

U型(頭頂部・前頭部混合)

MとO型に当てはまる2つのタイプへの対策が必要になります。生活習慣の改善、頭皮のケアと合わせ、食事の面でも髪に良い栄養素を取り入れ、低カロリー低脂質をこころがけましょう。タバコを吸っている人は禁煙か減らす事をおすすめします。
AGA治療薬はプロペシアやザガーロとミノキシジルを併用するのが効果的です。

治療を始めた場合、半年~1年半ほどかかると言われています。AGAの進行具合や薬との相性もありかなり前後することもあります。 AGAは早期対処が一番効果があるとされるので、気になる方は早めに治療や頭皮ケアを心掛けてください。

今は便利な通販サイトもあり、安価なジェネリック薬も多数ありますので、そちらを利用し家計に負担をかけずじっくりと治療することをおすすめします。